Home

Welcome to the website of e4u Partners.

Advertisements

Recent Posts

2016.12.01 Press Digest Japanese

2016年12月1日 サンスター ジャパン フォーカス プレス ダイジェスト 今週のダイジェスト 1 ラルフ・コーン(Ralph Kohn)卿 2 アメリカ大統領選挙:激戦3州での票の再集計と世界的な不安定感 3 中国主導の枠組み 4 糖尿病 5 150歳クラブに皆で加入しよう!? 6 イギリスで児童虐待スキャンダルが続く 7 ブレグジット 8 ジャパン・ニュース 9 日本人のスピードにイギリスが驚く 10 英国によくある名字 編集者 ジァンピエロ・アルハデフ(Giampi Alhadeff) 1 ラルフ・コーン(Ralph Kohn)卿 著名な医学者、慈善家、バリトン歌手であり、サンスターと友好関係を築いてきたラルフ・コーン卿が短期の病気療養の後、89歳の誕生日を迎える少し前に安らかに永眠されました。 ラルフ卿は家族と共にナチから逃れて渡英した後、大学で薬理学を専攻し博士号を取得しました。卒業後はノーベル賞を受賞した科学者達とローマ、ニューヨーク、ロンドンで活躍し、その後、人々の尊敬を集め成功を収めた薬品試験事業「アドバイザリー・サービス」を卿自身が設立。同社は繁栄を極め、女王陛下から卿に輸出功労賞が授与されました。 私生活ではナチのベルゲン・ベルゼン強制収容所を生き延びたザハヴァ・カナレク(Zahava Kanarek)と結婚し、3人の子どもに恵まれました。 博識家として知られるラルフ卿は、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、イディッシュ語を流暢に話し、音楽家としても成功を収めました。ローマでベニャミーノ・ジーリに歌の訓練を受け、世界中の有名なホールで数多くのコンサートを開催し16枚のCDを世に送りだしました。 2006年には王立協会名誉フェローに選出され、2010年には女王陛下によってナイト爵に叙せられました。2004年、有名人が一番お気に入りのレコードを選ぶという名誉ある番組、BBCラジオの「デザート・アイランド・ディスク」に出演しました。 ラルフ卿とその家族はサンスター社および金田家とも深い親交がありました。 葬儀にはサンスター社の代表者が出席し同社からの哀悼の意をザハヴァ夫人と娘達にささげました。 ザハヴァ夫人と娘のヘプシバ・ロドフスキー(Hepzibah Rodofsky)さんが強制収容所での体験を語った歴史的に重要な講演のYouTube動画を添付しています。 タイムズ紙およびテレグラフ紙は同卿の訃報を広範囲に掲載しました。Wikipediaで公開されている同卿の略歴もご参照ください。 2 アメリカ大統領選挙:激戦3州での票の再集計と世界的な不安定感 3つの激戦州 (ペンシルベニア、ウィスコンシン、ミシガン) の票の再集計の試みがトランプ氏の衝撃的な勝利に未だ動揺中のアメリカの反保守派にわずかな希望を与えていますが、良い兆しが見えているとは言えません。クリントン氏が結果を覆すためには3州全てで勝利する必要があります。一方、次期大統領のトランプ氏はホワイトハウスで補佐官を務める男性、女性の候補者を選定する作業を進めています。議会と上院の両方では共和党が多数を占める一方で、トランプ氏は最高裁判所の判事に右派を指名しています。こうした状況下で、億万長者の不動産王でありながら、今では普通の人々から支持されエリートを激しく攻撃してきたトランプ氏が大統領に就任してアメリカの政治的展望に大きな変化の風を起こせるのか疑問も投げかけられています。評論家達は、大実業家でありながら政権を取ったベルルスコーニ元首相を引き合いに出してトランプ氏との共通点を指摘しています。ワシントンポスト紙:トランプはアメリカ版ベルルスコーニ 二大主要国の「西側の指導者」である日本の安倍晋三首相とドイツのアンゲラ・メルケル党首は、トランプ大統領誕生を歓迎する外交姿勢を示しました。環太平洋連携協定 (TPP) 発効の行方や中国の領土拡張姿勢を睨んでアメリカとの同盟強化を念頭に置く安倍首相は、トランプ氏と会談するため急遽ニューヨークを訪れました。両者とも、友好的で率直な会談だったと述べていますが協議内容までは明らかにしていません。一方、メルケル党首は秀逸なメッセージを送りました。その中で、『ドイツとアメリカは、出自、肌の色、宗教、性別、性的指向や政治的見解のいかんを問わず、民主主義、自由、法の尊重、人類の尊厳の尊重という価値で結びついている。これらの価値にもとづいて、私は次期アメリカ大統領に個人的な、そして国家としての2国間の緊密な協力関係を申し出たい。』と述べています。 しかしながら、欧州の上空には暗雲がたちこめています。12月4日、オーストリアではやり直し大統領選が行われます。前回の選挙では、極右ポピュリズム政党「自由党」の候補者ノルベルト・ホーファー氏が僅差で敗れましたが、郵送票に不備があった問題で選挙結果は無効とされました。同氏が12月の再選挙で当選した場合、ヨーロッパの主要国で極右政権が誕生するのは大戦以来初めてとなります。一方、イタリアではこの日、マッテオ・レンツィ首相が提案する憲法改正の是非を問う国民投票が行われます。この国民投票が否決となった場合、首相は約束通り辞任することになり、イタリアは危機に直面します。これが反ユーロ派の五つ星運動を後押しすることにもつながりかねません。イタリアの3大野党はユーロに反対の立場をとっており、いずれかの政党が与党となった場合は単一通貨からの脱退を試みるでしょう。そうなれば、ユーロの通貨としての存続が危ぶまれます。 トランプ氏の当選はヨーロッパの右派政党から歓迎を受けています。イギリスのナイジェル・ファラージ氏はこの選挙中にアメリカに滞在しトランプ氏を支援しました。トランプタワーの金色のエレベーターに乗って次期大統領と撮った笑顔の写真が印象的です。しかし、フランスとオランダでも衝撃的な結果が出るかもしれません。3月17日、オランダでは国民投票が行われますが、極右の反EU、反移民政策を掲げる政治家ヘルト・ウィルダース氏がわずかな差で追い上げています。次に来るのがフランスの大統領選挙です。国家主義者の指導者であり、反EU、移民反対を唱える国民戦線のマリーヌ・ル・ペン氏は、トランプ氏勝利を真っ先に祝福した一人でした。4月23日に行われる総選挙で50%を獲得した候補者がいなければ、2週間後に最有力候補2名の間で決選投票が行われます。評論家は第1回投票でル・ペン氏は2人のうちに入ると見ていますが、2回目の決選投票では破れると予想しています。ブレグジットとトランプ現象の後、こうした予測はもはや容易ではありません。ル・ペン氏が勝てば、ヨーロッパは深刻な危機に陥るのでしょうか? マリーヌ・ル・ペンに勝目はあるか? … Continue reading 2016.12.01 Press Digest Japanese

SUNSTAR Japan Focus、2016年11月

貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日本のニュースに焦点をあてた月刊グローバルニュースの日本版をお送りさせて致きました。来月からバックナンバーがウェブサイトでご覧いただけるよう準備中です。沢山の貴重なご意見を頂き、誠にありがとうございました。これからも引き続きどうぞ宜しくお願い致します。   Giampi Alhadeff(編集者)   今週のダイジェスト 1   予想を覆し、トランプ氏が第45代アメリカ大統領へ 2   ドナルド・トランプの勝利に日本が反応 3   大混乱する英国EU離脱問題 4   アウン・サン・スー・チー来日 5   フィリピン大統領ドゥテルテ東京講演 6   アイルランド大統領マイケル・D・ヒギンズ、ベトナム訪問 7  ラーメン店「山小屋」 がロンドン進出 8   日本で始めて全国差別調査実施へ 9   日本人とメキシコ人、より働いているのは 10 日本ニュースの英国報道     1予想を覆し、トランプ氏が第45代アメリカ大統領へ ヒラリー・クリントン氏を下し、ドナルド・トランプ氏が予想を覆してアメリカの45代目大統領の座を勝ち取り、世論調査、投票場出口調査に反する驚くべき結果となった。「英国EU離脱の10倍」と発言したトランプ氏。全米得票数ではクリントン氏がわずかに勝ったものの、辛辣な大統領選挙戦と複数のスキャンダルや失態にも関わらずトランプ氏が獲得選挙人数で逆転となった。この後の世界の平和、安定と経済繁栄にどのような影響が齎されるのか見通しがつかない中、不安が広がる。BBC 大統領選結果レポート  読み応えがあるファイナンシャル・タイムズ紙の記事:Trump victory challenges Western Democratic Model と7 Trump Policies that Could Change the US (グーグルで検索して下さい)Two … Continue reading SUNSTAR Japan Focus、2016年11月

More Posts